栗原秀和
栗原秀和
生年月日 昭和44年9月27日生
学歴・職歴 太田高校
神戸大学法学部
外務省(平成5年~平成12年)
所属弁護士会 群馬弁護士会
主な公務・会務
平成19年 日弁連ADRセンター委員(現職)
群馬土地家屋調査士会境界問題相談センターぐんま 運営委員(現職)
平成20年 群馬弁護士会 常議員
日弁連業務改革委員会 幹事
平成26年 群馬土地家屋調査士会境界問題相談センターぐんま 調停員(現職)
平成27年 群馬弁護士会 副会長
家事調停委員(現職)
平成28年 群馬弁護士会 常議員
趣味 音楽、映画鑑賞、フットサルなど
依頼者と信頼関係を築いて、真の利益を追求する

 私は、小さい頃から外交官に憧れていたため、大学卒業後、外務省に入省しました。外交官は「国益」のために仕事を行います。しかし「国益」とは抽象的であり、仕事を続けていくうちに、自分のやっている仕事が本当に国民のために役立っているのか、疑問に思うようになっていきました。
 そんな中で、「小さくてもいいから、何か具体的な問題を抱えて困っている人の手助けをし、それによってその人が幸せになる、という具体的な手応えをつかめる仕事をしたい」と考えるにようになったのが、弁護士を志したきっかけです。
 平成18年に当事務所に入所し、3年間の勤務弁護士時代を経て、平成21年にパートナー弁護士となり、現在に至ります。群馬弁護士会では、主として業務改革委員会、紛争解決センター運営委員会等で活動しております。平成23年には、群馬弁護士会の初めてのADR(裁判外紛争解決機関)である「紛争解決センター」の設立に携わり、現在、日弁連のADRセンター委員も務めております。
 一つ一つの案件に丁寧に取り組み、依頼者の皆様と相談を重ねながら、依頼者の皆様にとって最も良い解決方法(真の利益)を見つけられるよう、全力を尽くしたいと考えております。
 企業法務、破産・管財業務、事業再生、交通事故、相続・遺産分割等家事事件、刑事事件等を中心に業務を行っておりますが、専門訴訟(知財・建築等)や渉外事件なども取り扱っております。

『経営者のためのリスクマネジメント術』掲載誌面のご紹介
弁護士紹介トップへ
たかさき法律事務所へご依頼いただく皆様へ